HOME > あけぼの学園

 

あけぼの苑 併設 あけぼの学園について

あけぼの苑 併設 
あけぼの学園について

大牟田市の南部(萩尾)にあります『あけぼの苑併設あけぼの学園』は昭和40年に知的障害児施設あけぼの学園として開設しました、当法人で一番歴史と実績がある施設です。その後平成15年4月1日に知的障害児者併設の施設とし、あけぼの苑併設あけぼの学園に変更しました。主に知的障害児者を対象に、三共の精神のもと利用者のライフステージに応じたサービスを提供すると同時に、豊かな生活環境を構築し、彼等の人間としての尊厳を最大限尊重しながら支援を行います。敷地内には当法人が運営する「相談支援センター サンローレル」や「グリーンケアホテル」もあり施設間相互に協力しながら運営しております。

 施設連絡先


障害者支援施設 あけぼの苑 
併設 福祉型障害児入所施設 あけぼの学園

〒836-0096
福岡県大牟田市萩尾町1-389
 TEL : 0944-53-0122 (施設直通)
 FAX : 0944-53-4156 (代表)

 
 
 

施設連絡先


障害者支援施設 
  あけぼの苑 併設 
福祉型障害児入所施設 
  あけぼの学園

〒836-0096
福岡県大牟田市萩尾町1-389
 TEL : 0944-53-0122 (施設直通)
 FAX : 0944-53-4156 (代表)

基本方針

あけぼの苑併設あけぼの学園は、主に知的障害児者を対象に、三共の精神のもと利用者のライフステージに応じたサービスを提供すると同時に、豊かな生活環境を構築し、彼等の人間としての尊厳を最大限尊重しながら支援を行います。
 
 

あけぼの苑併設あけぼの学園は、主に知的障害児者を対象に、三共の精神のもと利用者のライフステージに応じたサービスを提供すると同時に、豊かな生活環境を構築し、彼等の人間としての尊厳を最大限尊重しながら支援を行います。
 
 

施設概要

沿革

    • S40. 5  あけぼの学園設置認可取得
    • S45. 5  社会福祉法人の認可取得
    • H05.10  あけぼの学園 地域療育拠点施設事業開始
    • H09. 4   あけぼの学園 ショートステイ棟整備
    • H15. 4  あけぼの苑併設あけぼの学園発足
    • H16. 4  あけぼの学園 児童デイサービス開始
    • H23.10  あけぼの苑・あけぼの学園 新法移行完了

 
 

利用定員  

【あけぼの苑】
生活介護事業 76名
施設入所支援 70名
 
【あけぼの学園】 
                10名
  

職員体制

管理者(兼務) 1名
サービス管理責任者(苑) 2名
児童発達支援管理責任者(学園) 1名
生活支援員(苑) 23名
指導員(学園) 2名
保育士(学園) 2名
看護師(兼務) 1名
栄養士(兼務) 1名
調理員(兼務) 4名
事務員(兼務) 2名
嘱託医(非常勤) 2名

( ※平成28年1月時の職員体制 )

 

施設サービスの紹介

あけぼの苑・あけぼの学園では、地域の人々との交流や自然とのふれあいを通じて、ひとりひとりの状態にあわせた生活支援や作業支援を行い、生き生きとした毎日を送っていただけるよう支援を行っております。

 
 あけぼの苑・あけぼの学園では、地域の人々との交流や自然とのふれあいを通じて、ひとりひとりの状態にあわせた生活支援や作業支援を行い、生き生きとした毎日を送っていただけるよう支援を行っております。
 

①身辺処理支援

 ・食事栄養士の立てる献立表により、栄養と利用者の身体状況に配慮したバラエティに富んだ食事を提供します。 
・入浴入浴に介助及び見守りが必要な利用者は日中の時間帯に支援職員と共に入浴します。 
・その他 脱着衣、整容(歯磨き等)、移動などの支援を行います。
 

②日中活動支援

 入所者の状態に合わせた活動支援、生活自立の為の支援、余暇活動を支援します。
 

③居住環境整備

 ・清掃、整理整頓"居室、廊下等、施設の日常的で簡易な清掃、整理整頓は生活自立訓練の一環として職員と共に行います。
 ・安全管理危険物は基本的には利用者の近辺には置かないようにしていますのでご協力下さい。 
・その他 調理、洗濯、社会資源の利用などの支援を行います。
 

④保健医療支援

 ・健康管理嘱託医により普段の通院のみならず、緊急時の対応、定期の健康診断等を行います。 
看護師による通院、疾病予防、健康管理を行います。 
・通院、治療施設指定の病院への通院、治療については看護師等によって支援します。 
特別な通院付添い等につきましては、別途費用が掛かる場合があります。 
・その他 服薬管理、入院中のサービス提供などの支援を行います。
 

⑤社会生活支援

 ・社会的情報提供"日課等、施設での生活の仕方、社会慣習、ルール等の地域生活、選挙等の公民的義務や権利等の情報を提供します。 
・その他 コミュニケーション支援、経済生活支援、余暇支援などを行います。
 

⑦年間行事

行事やイベント
1月
成人セレモニー
2月
節分豆まき
3月
ひな祭りイベント
4月
花見・春季休暇
5月
子供の日イベント・春季休暇
6月
 大牟田児相管内交流交歓会
7月
大蛇山祭り見学
8月
七夕・夏季休暇
9月
地域のお祭り見学 
10月
 地域福祉文化フェスタ
11月
親子旅行
12月
クリスマス会・冬季休暇
 

※ 祝日には、その時期に合ったイベントも行っています。 
※ また、土日には外出や買い物支援を行っています。 
※ イベントや余暇活動を手伝ってくれるボランティアさんを募集しています。お気軽にお電話下さい。

 
 

⑧苦情について

社会福祉法第82条の規定により、本事業所では利用者からの苦情に適切に対応する体制を整えています。本事業所は苦情解決責任者、苦情受付担当者及び第三者委員を設置し、苦情解決に努めております。
 

 

あけぼの会について

社会福祉法人あけぼの会は福岡県大牟田市において、さまざまな福祉サービスを運営しております

活動する
ー 生活介護事業 ー

昼間の入浴・排せつ・食事等の介護、調理・洗濯・掃除等の家事、生活等に関する相談・助言その他の必要な日常生活上の支援、創作的活動・生産活動の機会の提供のほか、身体機能や生活能力の向上のために必要な援助を行います。
 


相談する
ー 相談支援事業 ー

障害をおもちの方や、その保護者の方から、相談に応じ、障害者が自立した日常生活、社会生活を送ることが出来るような支援(基本相談支援・地域相談支援・計画相談支援等)を行います。 
 


体験する(泊まる)
ー 短期入所支援事業 ー

自宅で介護を行っている方が病気などの理由により介護を行うことができない場合に、障害のある方に短期間入所してもらい必要な介護を行います。このサービスは、介護者にとってのレスパイトサービス(休息)としての役割も担っています。  
 

生活する
ー 施設入所支援事業 ー

施設に入所するされている方に対して、主に夜間において、入浴、排せつ、食事等の介護、生活等に関する相談・助言のほか、必要な日常生活上の支援を行います。
 

生活する
ー 共同生活援助事業 ー

地域で共同生活を営むのに支障のない障害をおもちの方に対し、主として夜間において、共同生活を営むべき住居の提供を行い、相談その他の日常生活上の援助を行うサービスです。  
 

 

 
あけぼの苑 併設あけぼの学園
 

あけぼの苑
併設あけぼの学園

大牟田市の南部(萩尾)にあります『あけぼの苑併設あけぼの学園』は昭和40年に知的障害児施設あけぼの学園として開設しました、当法人で一番歴史と実績がある施設です。その後平成15年4月1日に知的障害児者併設の施設とし、あけぼの苑併設あけぼの学園に変更しました。主に知的障害児者を対象に、三共の精神のもと利用者のライフステージに応じたサービスを提供すると同時に、豊かな生活環境を構築し、彼等の人間としての尊厳を最大限尊重しながら支援を行います。
 
  施設詳細 
 
生活介護・施設入所支援・短期入所支援
 
 
相談支援センター サンローレル
 

相談支援センター
サンローレル

大牟田市の南部(萩尾)にあります『相談支援センター サンローレル』は主に相談支援専門員が障害者の生活全般についての相談に応じ、福祉サービスの利用方法や行政機関、施設の紹介、斡旋等のサポートを行う相談支援施設です。周辺地区にお住いの障害がある方やご家族、関係機関の皆様からの相談に応じ、必要な情報提供や助言を行い、安心して地域で暮らせるようにお手伝いをします。敷地内には「あけぼの苑」や「グリーンケアホテル」もあり施設間相互に協力しながら運営しております。
 
相談支援
 
 
障害者支援施設 有明ホーム
 

障害者支援施設
有明ホーム

大牟田市の東部(櫟野)にあります『有明ホーム』は昭和50年に開設し、現在では主に知的障害者支援施設として運営しています。敷地内は自然に囲まれ、春の桜をはじめとした季節のさまざまな花を見る事ができます。個人の希望に応じた活動を提供すると共に、地域の方々との交流や、個性を尊重した社会活動も積極的に行っております。敷地内には当法人が運営する「大牟田ワークショップセンター」や「生活支援センターこすもす」もあり施設間相互に協力しながら運営しております。 
 
 
生活介護・施設入所支援・短期入所支援
 
大牟田ワーク ショップセンター
 

障害者支援施設
大牟田ワークショップ
センター

大牟田市の東部(櫟野)にあります『大牟田ワークショップセンター』は昭和62年に開設し、現在は障害者支援施設として運営しています。当施設では、地域の人々との交流や自然とのふれあいを通じて、ひとりひとりの状態にあわせた生活支援や日中の活動に関する支援を行い、施設を利用されている皆さんが、生き生きとした毎日を送っていただけるよう心がけております。同一敷地内には当法人が運営する「有明ホーム」、「生活支援センターこすもす」もあり、施設間で相互に協力しながら運営しております。  
 
 
生活介護・施設入所支援 短期入所支援
 
生活支援センター こすもす
 

障害福祉サービス事業所
生活支援センター
こすもす 

大牟田市の東部(櫟野)にあります『生活支援センターこすもす』は昭和57年に開設し、現在では主に通所専門の障害者支援施設として運営しています。各曜日に生産活動(窯業・園芸・草刈・食品加工)や創作的活動(絵画など)を実施し、一人ひとりの個性やニーズを尊重し日々の生活能力向上に向けた支援を行います。敷地内には当法人が運営する「有明ホーム」や「大牟田ワークショップセンター」もあり施設間相互に協力しながら運営しております。
 
  
 
施設詳細   
 
生活介護 
 
共同生活援助 グリーンケアホテル
 

共同生活援助
グリーンケアホテル

 

大牟田市の南部(萩尾)にあります『共同生活援助事業所 グリーンケアホテル』は昭和51年に開設し,主に障害者の方々のグループホームとして運営しています。利用者が地域において共同して自立した日常生活、又は社会生活を営むことができるよう、共同生活住居の中で相談その他の日常生活上の援助を適切かつ効果的に支援いたします。敷地内には当法人が運営する「相談支援センター サンローレル」や「あけぼの学園」もあり施設間相互に協力しながら運営しております。
 
 
  
共同生活援助